泉式 空売り塾

【重要】利用規約をご確認頂き、同意いただけた方のみお申し込みください。

この塾では投資判断に基づく助言行為は提供いたしません

募集は終了いたしました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

皆さんはじめまして。 まずは、簡単に自己紹介をさせていただきます。

私は泉 幹(いずみ もとき)と申します。

突然ですが実は私も以前は、株で負けてばかりでした。
多くの方と同じように、ふとした事から株を始め、新聞や証券会社の情報を必死に分析し、ニュースも欠かさず見て常に情報をキャッチし、分析を繰り返しながら売買していました。

しかし、どれだけ頑張っても・・・全く勝てないのです。

そんな日がいつまでも続き、負けの焦りが日に日に重なっていきました。

ついに焦りは限界に達し
ある時大きな勝負に出る事を決意しました。

結果を言うと、大きなの損失を追いました。
気が付くと生活が出来なくなっていました。

目の前が真っ暗になり、頭を何かで殴られたような衝撃を受けました。

そして、一旦株から足を洗おうと決めました。

が、しかし、一度株の魅力を知ってしまうと、辞めることは出来ませんでした。

負けたことが悔しくて悔しくて、気がつくとまた本を読んでいたり、
無料〜有料のセミナーへ行きまくり、猛勉強をしていました。

僕を動かす原動力は、ただただそれだけでした。

中には、一度で数百万円のセミナーに行ったりしたこともあります。

しかし、勉強すればするほど、どんどん株が解らなくなってきます。

理論だけが揃っていっても、実際にそれを活かす事が全く出来ないのです。

そんなある時テレビで、何かの番組で
『成功したければ、成功している人から学べ』
という言葉に気付かされ、大阪のある個人投資家グールプをネットで発見し、その門を叩きました。

そこはマンションの1室で、部屋全体がモニターに囲まれた部屋でした。
私のトレーダーとしての第一歩は、そこから始まりました。

そこで出会った仲間と毎日朝から晩までトレードの研究を行い、グラフ用紙に当時はイカリ足というチャートを手書きで書いて、相場の癖を見抜いてい行きました。

そこで発見したのが「株価の性質」です。
株価がある一定の法則で動いていたのです。その中心に走っていたのが「方向線」だったのです。

それは相場の原理原則でした。テクニカルチャートはいわば多くの投資家が売買を行った足跡です。要するに人間の行動、集団心理の表れなんです。

ですから、そこには癖が出てきます。
これを法則化したのが「株価の性質」なんです。この原理原則からより効果的に利益を出すため、数個の指標を組み合わせ、トレードシステムを確立しました。

そこで、私はこの技術をその投資家グループの中で周りのトレーダーに教え始めました。
するとそのトレーダーの成績は、みるみるうちにアップし、月間で数百万〜数千万の利益を出すトレーダーも現れました。
そこで私はこのスキルを体系化し、スクール形式で株で勝てない人々のお役にたとうと決めました。。。

それを究極まで高めたノウハウが、今回の「泉式 空売り塾」なのです。

結論から言います、個人投資家が株で勝てない理由は、大きく分けて以下の3つです。

ではひとつひとつ説明していきましょう。

 

どれだけ「株のお勉強」をしても、儲けには繋がりません。
こんなことを言うと怒られそうですが、事実です。

これは、車の運転に似ています。どれだけ車やエンジンの構造を勉強しても、それだけで車を運転できるようになるわけでは無いですよね。

そんなシンプルなことは誰にでもわかりますが、これが「株」となると、
専門用語も多いし、難しい世界の気がしてしまい、皆が揃って「株のお勉強」を始めてしまうのです。

もちろん、これも不要なものではありませんが、ただ車の構造を知ったからと言って、上手に車が運転できるようにはなりませんよね。

同じように、どれだけ「経済の仕組み」を理解したところで、これだけ複雑に依存している経済のなかでは、それを現実の売買に役立てることは不可能に近いのです。





 

一般的な株式投資の常識として

「情報を集め」「それを分析して」「売買する」

というものがあります。

そのために、多くの方が経済新聞や雑誌、アナリストの レポートを読み、四季報を読み、必死にテクニカル分析を勉強します。

しかし現実のケースでは、「ある会社の業績が上がりそうだ」という情報は、機関投資家 であればほぼリアルタイムに、即座に手に入れることが出来ます。

そのため、株価が上がる前の「本当の底値」で買うことが可能です。
というよりも、自分で底値をつくるのです。

しかし、そういった情報が、アナリストのレポートや新聞記者の調査を得て、 記事となり、印刷され、配送されるころには、すでに機を逃がしています。

機関投資家と、機関投資家の動きに気づいたプロ個人投資家の買いによって、
すでに株価が上がった後なのです。

そして素人・初心者は、一番高値で株を買うことになってしまいます。




 

一般の個人投資家は、一回一回のトレードの勝ち負けにこだわりますがプロの個人投資家は、最終的な利益に拘ります。

実は、プロの個人投資家は、3勝7敗のなかで、手堅く利益を確定し、安全にロスカット(損きり)を行って、トータルで利益を堅実に重ねていきます。

ところが、初心者の方にこの話をすると

「えぇ!7割も負けるんですか!9割〜8割は勝つものだと思ってました!」

と言われます。

この考え方をしている限り、個人投資家が利益を出し続けることは出来ないのですが、
非常に多くの方が、こういった甘い推測を元に、投資を始めてしまうのです。

どうしても学校では100点をとる事、正解する事が正しいと教えられてきているので
日本人は全部勝つことが正しいという固定観念があります。

しかし、トレードの世界は当然ですが100%当てる事は不可能です。100%当てられるノウハウがあれば、相場は崩壊してしまいます。

ですので、損失を抑え利益を伸ばすにはスキルが必要です。
プロの個人投資家は、そのスキルを日々磨いています。
とはいえ、そのスキルは何も特殊な能力を必要としている訳ではありません。
知っているか知らないかの世界です。

実は、株で利益を出すこと自体は意外と簡単なのです。

始めてすぐに儲かったという人の話というのは、良く聞きますよね。

問題は、負けたとき、つまり損失が出てしまったときに、それを防ぐのが、
非常に難しいのです。

実際に、書店に並ぶ書籍を見てみてください。

多くの書籍が、儲け方についてはノウハウを公開していますが、損失を防ぐ
ノウハウはあまり書いていません。

これは、その見極めに独特のスキルが必要なのと、投資家のメンタルが影響を
与える部分が大きいからです。

このノウハウについては、実際のトレードを通じて、ケースbyケースの
実践でしか学ぶことが出来ないのです。

そこで私は空売りという手法を推奨しています。

それも、私の空売り手法は原理原則に基づいた手法を使います。
とりわけ株価が世界的に長期にわたり低迷している今、現物株を保有することはリスク以外のなにものでもありません。

相場全体が弱気になっていますので、ネガティブな情報に過敏に反応しやすいです。
空売りは信用取引なので、怖いとか上級者向けといったイメージを抱く人が多いかもしれませんが、実は空売りこそ、初心者の人に1日でも早く身につけてほしいテクニックなのです

 

その前にまず、空売りとは何なのかを簡単に説明します。

空売りとは、
信用売りや、ハタ売りとも言われる、投資手法の一つで

実際に株を所有していなくても、その株を証券会社からレンタルして売る行為の事を
指します。

つまり、これから株をはじめるような方でも
まず株を買うのではなく、いきなり株を売るという事が可能なのです。

ではなぜ、空売りが有効なのか?

売るという行為から始める事で、株価が下落していく局面でも
取り引きで利益を得る事が出来ます。

つまり、空売りは暴落を利益に変えられる最善の手法なのです。

いろいろな講演やメディア出演で僕が言い続けている事は、個人投資家は

を覚えてください、という事です。

僕の感覚では、個人投資家が「買い」で儲けるのは至難の業だと思っています。

なぜなら、これから上がって行く有望な銘柄を探し当てるのは、
凄まじく難しい事だからです。

闇雲に地面を掘って、宝を探すようなものです。

しかし、なぜか多くの人は、こういう宝探しが大好きです。

僕はこのような銘柄探しは一か八かのギャンブルだと思っています。

この宝探しをしている人達の頭の中は、未だ高度経済成長中の日本のままです。
既に日本の高度経済成長は終わっています。現状は下降中です。
もし買いで儲けたいのなら、今から高度経済成長に入る国の株を買う事です。
実際、有名な資産家は大量の資金を持って、そういう国を探しています。

一度、ジム・ロジャースと話をした事がありますが、彼もそういう視点で投資先を決めるそうです。

しかし、皆さんは日本株を運用する個人投資家です。

確かにこの日本でも、これから上昇してくる銘柄もありますが、その数は少ないわけで
それを見つけるのは難しいわけです。

逆に今上昇している銘柄を見つけるのは簡単です。今上昇している銘柄は、いずれ必ず下げてきます。それを虎視眈々と狙うわけです。

さらに、
「リーマンショックなどの、暴落の周期」
「2015年、日本崩壊説」
「中国バブル崩壊による、アジア全体の株への影響」

など買いで入る場合には大きな痛手を受けますが、

殆どの人が損失を膨らませる中、空売りトレーダーが何もせずに大きな利益を得る事になります。下げている銘柄がこれから上昇するかどうかは解りません。

ただ、上昇している銘柄は、いずれ必ず下げてきます。

下げるチャートの形さえ覚えてしまえば、空売りは本当に簡単で、有効な手段になります。

まさに一生の財産です!


現在、僕は、株の学校123という投資スクールを運営しておりますが
授業は行っていません。

ですので123に入っても直接に僕の講義、話を聞くことはできません。

現在、僕から直接の空売りを学べるのは、この塾だけです。

僕が「泉式 空売り塾」で教える技術は

材料や情報を一切シャットアウトします。
テクニカルチャートのみを使い指標を組み合わせます。

指標の使い方という多種多様に様々です。
それを全部分析していては、いろんな結果が出て当然迷いが生じます。
ですが実は、指標には組み合わせがあります。

私が組み上げたシステムは、10年に渡って試行錯誤し、効果を最大限に引き出す組み合わせです。

真のトレードシステムというのは、多くの指標を多用するのではなく組み合わせ、簡素化したシンプルなものです。

僕が「泉式 空売り塾」で教える技術は、その指標の組み合わせにより、
数々の相場の波動を明確にチャートから読み取りトレードしていく技術です。

直近の個別銘柄でのチャート分析をみて見ましょう!


3632グリーは4/24に2263円で逆指値で空売り。

この場合の利益確定は5/11の寄り付き(始まった値段)1531円で利益確定の買戻しになります。732円の値幅、1000株で732,000円の利益です。

8136サンリオは5/9の寄り付き(始まった値段)3350円で空売り、5/22の寄り付き2770円で利益確定の買戻しになります。580円の値幅、1000株で580,000円の利益です。

7203トヨタ自動車は7/9の寄り付き(始まった値段)3170円で空売り、7月19日の寄り付き3030円で利益確定の買戻し。140円の値幅、1000株で140,000円の利益です。

2432ディーエヌエーは7/23に2108円で逆指値で空売り、7/27の寄り付き1850円で利益確定の買戻し。258円の値幅、1000株で258,000円の利益です。

6752パナソニックは7/10に614円で逆指値で空売り、7/19の寄り付き548円で利益確定の買戻し。93円の値幅、1000株で93,000円の利益です。

このように、この空売り塾のノウハウを使えば、売買する為の「明確な値段」が出ます。またケースbyケースでの注文の出し方も明確になります。

人間は明確にならないと行動を起こせないものです。この空売りの技術は常に明確です。
トレーダーにとって明確に行動できる事は、なにより重要な事なんです。

損失を限定し、利益を積み重ねる

最も重要なトレードスキルを身に着ける事ができます。

 

ここで、泉式 空売り塾の実践者からの声をお聞きください。

「安藤さんもメンタル教えるからには、投資をやらないとね」

これが僕が泉さん指導の下で投資を始めた理由でした。

 

こんにちは、安藤俊介です。

僕は泉さんの株の学校123でトレーダーのためのメンタル講座をお教えしています。

メンタル講座を教えるにあたり、トレーダーの心理を勉強するというのがそもそもの動機でしたから、とくに勝てるとも負けるともほぼ何も思わない状態で投資をスタートしました。

ところが、いざ始めてみたら、、、

 

トレード成績は最初の3ヶ月で+1,130,019円、、、

正直、こんなに数字が上がるものなのかと。

 

僕がこれまで投資にほとんど興味がなかったのは、自分で事業やって稼いだ方が早いと思っていたからです。

でも実際に泉さんのやり方でここまで結果が出せるとなると、考え方を改ざるを得ないな、と。

ただ、だからと言って僕が株に今詳しいかというと、全然そんなことないです。技術的な用語はほぼ知らないです。

 

まあ、これは投資に限ったことではないのかもしれないですが、知識が深いのと、利益を出せるの間には大きなギャップがあるんですね。

株はギャンブルではなく、ビジネスと言い切る泉さんの言葉は、本当に理にかなっています。

僕が泉さんから教わったことで本当にそうだなと思うのは、

 

「上がった株は必ず下がるが、下がった株は上がるとは限らない」

 

一昔前に超優良だと言われた会社の株価を見てください。バブル崩壊にはじまり、リーマンショックで株価は下がったままです。だから、多くの人が塩漬けという辛酸をなめているわけですね。

では、僕が毎日どれくらいの時間と作業を投資に費やしているかというと、

僕はアンガーマネジメントの講演、セミナー、研修が2、3日に1度程度の割合で入っています。PCに張り付いてずっと画面を見るのは物理的にできないんです。

 

なので、普段はiphoneで朝、昼、夕方に株価などをちょっとチェックする程度です。

それでも、正しい知識、ルール、仕組みさえわかってしまえば、これくらいの労力で非常に大きな成果をあげてしまえるんですね。

 

繰り返しますが、泉さんの投資理論、技術は本当に理にかなっています。

僕自身、輸入ビジネス、アンガーマネジメントとコンテンツを提供する側なので、仕組みが本当に考えられてつくられているか、ただの体験談でつくられているだけなのか、簡単に見極められる自信があります。

 

だからこそ、泉さんの理論と技術に心底惚れて、投資を、空売りを続けているわけです。

余談ですが、僕はギャンブルはほぼしませんし、興味もありません。パチンコは生涯で5回もやったことがないです。唯一、カジノにはたまに行きますが、ギャンブルが好きということではなく、あの雰囲気が好きだから行くだけです。

 

空売りはビジネスです。たまたまあたった、はずれたという世界ではないです。

僕が3ヶ月で100万円以上の利益を出したのは、実は取引は120回以上しています。それだけ繰り返し取引をしても、まず負けてないんです。負けてないどころか、大幅なプラスになっています。

これがいかにすごいことかは、投資をやっている方はすぐにわかるでしょう。

日本としては株価は上がらないといけないでしょう。しかし、残念ながら日本の株価は下向きなんです。

 

個人が自分の資産を守る、資産運用をしていくのであれば、その下向きの流れに乗る空売りという方法が最適です。

 

投資に興味がある、始めてみたいということであれば、泉さんの空売りの技術を覚えることをオススメします。

 

空売り塾で負けない強い個人投資家になってください。


仕事柄、上場企業の企業価値を理論的に分析し、上場企業に対して企業価値をたかめるための戦略などをアドバイスしてきたので、株式投資でも、買いばかり考えていました。

 

経営分析、戦略分析は海外で関連する学位を持ち、日米の証券アナリスト資格ももっているので、株価分析も非常に得意だと思っており、この知識をもって安い株を見つけて投資活動を行えば儲かるはずだとおもっていました。

 

しかし、長い目で見て多少プラス程度であり、上場企業にアドバイスして仕事をしている分析力の高さから見ればもっと高いリターンを得てもよいはずだという思いが非常にありました。

 

そこで、実際に市場で利益を出しているプロの技を勉強したいと思い、いろいろと調べたところ、株式投資のノウハウの伝授で定評があると知人からの紹介で株の学校123に入学し3か月たちました。

 

そこで学んだことは、空売りの重要性でした。当たり前の話ですが、単純に言ってしまえば、株は上がるか下がるか、どちらかです。

@買って儲ける技術しかない投資家と、
A買いも売りでも設ける技術を持っている投資家


と比べれば、Aにとって投資機会がほぼ倍増するという当たり前の話に気が付かされました。こんな当たり前のことを知らずに、何をやっていたのかと衝撃を受けたぐらいです。

 

自分の得意な理論的な視点で見ても、空売りは、実は資本市場の健全な発展に欠かせないと思っています。

 

例えば為替取引で利益を出そうと思っている投資家同士で、ドルを売って円を買う取引が成立したときに、ドルを売って利益を出そうとする投資家と円を買って儲けようとしている投資家が50%ずついることになります。この場合、売りと買いの思惑が瞬間、瞬間では丁度50%です。

 

ところが、株式投資はほとんどの人が買い主体で投資活動を考えており、売りで儲けようと考える人は1割程度と言われています。

 

ただ、買い主体だといってもどこかで必ず売って利益を確定するので、実は買い目線の投資家が多いことは将来の売り圧力を増大させていることに他なりません。空売りは一見、売り圧力を増大させるだけかと思われがちですが、そうではありません。

 

将来必ず買戻しにつながるので、将来の買い圧力を増大させていることになるわけです。よって、買いで儲けようとする人と売りで儲けようとする人が本来は50%ずついることで、一方的に将来の買い圧力や売り圧力が増大すること緩和され、結果として急騰や急落がなくなり、安定した株価形成がなされることになります。

 

為替ではだれもが売りと買いの双方で儲けようと考えて投資活動をしていると思います。円ドル投資で、円の買いだけで儲けようと考えている人はあまりいないと思います。

 

株だって同じことです。空売りでも儲けることができる技術をもつ投資家が増えることは、じつは資本市場の健全な発展に寄与するわけです。

 

よく空売りで急落が起きたといわれますが、たいていは空売りはあくまで切掛けにすぎず、本質的な原因は、買い主体で投資してきた投資家が多すぎて、将来の売り圧力が増大したためにそれが健在化して急落したと考えるべきです。空売りで儲けようとする投資家が少ないからこそ、将来の売り圧力が増大して過ぎて、株価の暴落が起きやすくなるわけです。

 

ただし、そうは言っても、現実は、買い主体の投資家が多い構図は変わりません。よって、買い目線の投資家は、常に暴落の危険と隣り合わせというのが株式投資の実態であるわけです。

 

以上を理解すれば、空売りを学ぶことが、株式投資を行うための気構えとしていかに重要なのかわかります。買いの技術だけでは、暴落のリスクにさらされているだけです。空売りの技術を持てば暴落で同一銘柄を空売りすれば簡単にリスクヘッジができますし、また、他の銘柄を空売りすれば、逆に儲けがでるわけです。

 

また、現状、買い目線の投資家が多いので、下がるときは、結果としてチャートや、板情報を見れば、非常にわかりやすいパターンが現れます。

 

実感ですが、泉さんのノウハウで学んだ空売りの分析ノウハウによって下がるとおもった株はほぼ8割程度下がっているといっても過言ではありません。

 

各種チャート分析をして、念のために財務データもチェックした上で、朝方寄り付き後30分程度の板情報や3分足のローソクチャートなどを見て、売りだと判断し投資して、その日のうちに手じまいすれば、10銘柄投資して全体的に投資金額の1%から0.5%程度は毎日利益を上げられるという実感です。まだ、未熟なわたくしでもそのような結果をだしているので、おそらく今後さらに経験を積めばもっと確率は高くなると思います。

なお、空売りばかり話をしていますが、株の学校123では、買いの技術もしっかり教えてくれます。相場全体が上がるときが、1年で数か月程度おとずれますが、そのときは買いで当然儲けることが出来ます。下げ相場でも上げ相場でも一年いつでも利益を設けることができる技術を持つことが泉さんのノウハウで可能になります。

このような回転の速い売買は、おそらく大規模な機関投資家では資金規模が大きすぎて無理だと思います。

 

ぜいぜい1000万円程度の資金であれば、流動性のある東証1部を中心に1銘柄100万円で、10銘柄投資してわたくしのような形で毎日5万円から10万円程度は稼げるようになることは、泉さんのノウハウ通りにやればだれでもできるようになると思います。また泉さんのノウハウでは、空売りにおける、いわゆる踏み上げリスクに対処するためのロスカット技術についても実践に基づいたわかりやすいノウハウを伝授してもらえます。よって1000万円投資しても、かりに投資がうまくいかなくても損はせいぜい1日10万円程度に抑えられます。過去3か月で合計で1000万円の元本で、述べ数千万円投資を繰り返しましたが、未熟な投資技術だったころでも泉さんのノウハウで学んだロスカットを実践していたので最大損失は50万円を超えませんでした。

 

 

まさに長い人性を生き抜く力を得たと思っています。

 

この技術は世界で通用するので、そのうち世界の市場にチャレンジしたいと思っています。また、ネット環境さえあればどこでも投資活動できるので、将来的はリタイヤして、海外で投資しながら余生をすごしたいとも思っております。

 

本気で株式投資を考え人生の選択肢を広げるために、泉さんのノウハウで、空売り技術を学ぶことをぜひお勧めします。


 

この塾では投資判断に基づく助言行為は提供いたしません

空売りのみで相場から利益をたたき出す泉式空売りを
考案者の泉が直接レクチャーします。
多くの業界関係者もその存在を認める泉の空売りを泉自ら動画で解説しています。

動画の中の直接の語りの中には、空売りのノウハウだけでなく、泉自身が経験で得たものをはじめ、
空売りに対する信念を聞くことができると思います。

動画の内容は、空売りの考え方、
つまり
株は、圧倒的に買いから入る人が多いからこそ少数の空売り組みが儲かる仕組み
から始まりチャートを使っての具体的な空売りポイント、買戻しポイントを詳細に解説。

また、空売りのポイントとなる、暴落のサインの見極め方
など、売りで圧倒的に利益を出し続ける泉の手法を
完全網羅しています。


空投資経験が10年の人を、たった3日で超える方法があります。
それは、より多くのチャートを見て分析することです。
方法としては、
自分でチャートを引っ張りだしてきて、いろいろと分析するのが一番いい方法と言えます。
ただ、たくさんのチャートを自分で探し、分析していくには、それなりの時間を必要とします。
泉塾で勉強された方には、なるべく短期間で利益を上げられるようになってもらいたい。
そう思い、今回、

をチャート上に示した分析チャートを100個用意しました。
チャートは、アートです。

見ているだけで、感覚が掴めるはずです。
さらに自分がやり始めると細かいポイントを確認したくなります。
いつでも確認ができるようにチャートに書き込みをして、解説してあります。
この分析チャートで、みなさんのトレード力は、加速度的に早くなるはずです。
さらに、ご自身でも練習、確認できるように、練習用のチャートも入れてあります。
どのチャートも、空売りで仕掛けることができる実践的なチャートですので、

是非、活用してください。

空売りのノウハウ、チャートの読み方をいくら勉強しても、

【口座開設・チャートの設定・画面の設定】

ができなければ、はじめる事はできません。
スターターキットは、私の使っている証券会社、株価チャート、画面の設定など同じ環境を短時間で作れるように作成しました。
パソコンが苦手な方は、このキットに従って設定をしてもらうだけで、トレード環境をすぐに手に入れることができます。
また、設定などなれているという方も、新しい発見をしていただける内容ですので、是非、一通り目を通していただいて、私と同じ環境でトレードを行っていただければと思います。

株価が、動かなければ利益が出にくいものです。

泉塾を受講された方に、すぐにトレードをやっていただくために
今回、私がよくトレードしている銘柄を厳選して、30個ピックアップしました。

いずれもボラティリティーがある(よく動く)銘柄として空売りで利益が出やすく
初めての方でも、手っ取り早く利益を出せる銘柄です。
もちろん、売買ポイント、チャートの見方は、塾の中で勉強してください。
あとは、やりやすい銘柄を知っているかどうかです。

それをここに用意しました。
(投資判断を助言するものではございません。)


泉式空売り塾のサポートチームは単なる質問受付のチームではありません。

チーム全員が「現役トレーダー」で、株の学校123の講師陣です。 皆さんの質問疑問に現役トレーダーであり相場を知り尽くした専門家集団が回答いたします。

サポートは、マイページからお問い合わせいただきます。回数の制限はございません。
(サポート期間:2012年10月27日〜1月26日)

塾生一人一人にマイページを用意いたします。
各種問い合わせなどご利用いただけます。

東京・大阪・名古屋などでグループ面談を行います。
希望者が多ければ他の地方でもセミナーを検討させていただきます。

グループ面談の詳細に関しては受講期間中に詳細をご連絡させていただきます。


このトレード技術はパソコン1つあれば、世界中どこからでも相場からお金を引き出す事が出来ます。

そして泉式空売りの技術はその中でも、かなり効果的な手法です。

もちろん相場には100%はありませんが、相場には重力があります、株価にはその動くメカニズムと性質があります、この原理原則を知っているか、知らないかでは、大きな差が生じると思います。

 

高度経済成長が終わっている日本で個人投資家が利益を積み上げて行くには、この方法しかないと私は思っています。
また、このトレード技術は体を使いません。いわば頭脳労働であり、相場が勝手に働いてくれます。これは一生の財産になり、最高のサイドビジネスになると思います。

僕らトレーダーはトレードだけで成功したくないというのが本当の所です。

空売りのスキルを覚えてしまって、お金の不安から解放されてから実は物欲がなくなりました。これは危険な状態でした。

僕が本当にトレードが楽しくなったのは、こういう塾を始めてからなんです。
まず、トレードする仲間が出来たのと、トレード以外の仕事が出来たからです。
今は、ビジネスをしながら、トレードをしたいという感じです。

この状態が楽しくてたまりません。

この空売りの技術を手に入れると、徐々に「これは下げる」というのが解ってきます。
逆に、これは上がるというのは、僕もなかなか難しい時があります。

ただ、下がる銘柄は見えてきます。不思議です。その形を見続ける事で解ってきます。
これが見え始めると、チャートを見るのが楽しみでワクワクしてきます。

そして、一日一回仕掛ける為に注文画面を立ち上げて、注文を入れます。

そして約定通知が僕のiphoneに届きます。魚を釣り上げた瞬間です!

それはそれは面白いし、楽しいです!!
分析は数分、注文も数分、作業はこれだけです。
ビジネスで頭を使い、その傍ら相場でお金が働いてくれている、この状態がたまりません。
毎日が楽しくてしょうがありません。

そうです!僕は一日中トレードをしている訳ではなく、多くても一日30分ぐらい
少ない日は5分ぐらいです。

こんな短時間で半ば放置して、相場でお金がお金を稼いでくれるトレードという武器は
ほんとうに最高のビジネスです。一生の財産です。


【重要】利用規約をご確認頂き、同意いただけた方のみお申し込みください。

募集は終了いたしました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

この塾では投資判断に基づく助言行為は提供いたしません

Q:初心者でも大丈夫でしょうか?
A:テクニック的に難しいことはありませんし、サポート付きですので問題ございません。
Q:資金はどれくらい必要ですか?
A:資金は多いに越したことはありませんが、数万円からでも始められます。
Q:本文中に7割は負けるとありましたが、負けている間に受講期間が終わってしまうようなことはありませんか?
A:利益を得るというのは、実際には、勝率ではないんです。3勝7敗でも、利益を出すことは、できます。
10000円ずつ7回負けて、10万円ずつ3回買ったらトータルで大きく買っていることになります。
ですので、勝率ではないんですね。
泉塾では、利益を伸ばす方法を勉強しますので、短期間の結果を目指します。(個人差があります)
Q:泉さんが以前、運営されていたスクールとノウハウは同じですか?
A:私自身が使っているノウハウですので、重なる部分もあると思います。
ただ、現在では、講師をしていませんので、直接に私のやり方を伝えられるのは、大きな
意味があると思っています。そういう意味では、これまでのものと違うやり方と思っていただいて
いいと思います。
Q:1日最低どれくらいの取引時間が必要でしょうか?
A:私は、1日にチャートを見るのは、30分くらいです。あとは、別のことをしています。
なるべく時間を使わずに最大限の利益を出す、難しいことを考えないというのが、私のポリシーですので、 そのやり方をセミナーでは伝えられればと思っています。
Q:初心者が実践した場合、どのくらいの期間でいくらくらい稼げるようになることを想定していますか?
A:セミナーの内容すべてを受講していただければ、すぐに実践を始めることが可能です。
個人差は、ありますが、早い方で、1ヶ月もすれば、資金の10%〜20%を稼ぐ方もいらっしゃいます。(個人差があります)
Q:なぜこれほどまでの情報を公開するのか不思議です。
A:持論ですが、ノウハウややり方を公開する人ほど、更に大きな利益を得られるという考え方を持っています。
私が、実践していることを、多くの方に伝えることによって、喜ばれ、そして、更に私自身も大きくなれると思っているからです。
Q:サポート期間が終わったらサポートは終了するのでしょうか?
A:現段階では、3か月でサポート終了の予定ですが希望者がいれば検討させて頂きます。
Q:グループ面談に事情で参加できない場合、なにかフォローはありますか?
A:グループ面談でシェア出来る情報に関しては、随時会員サイトにUPさせて頂きます。
Q:サポートはメールだけですか?
A:メール、グループ面談でサポートいたします。塾生と密なコミュニケーションを取りたいのでグループ面談では、みなさんの疑問に直接お答えしながら、サポートできればと思っています。
Q:サポートは、何回でも無料ですか?
A:もちろんです!
Q:現金の分割払いには対応していますか?
A:申し訳ございません。対応しておりません。
Q:受講期間はどれくらいですか?
A:10月27日〜1月26日の3ヶ月間です。

【重要】利用規約をご確認頂き、同意いただけた方のみお申し込みください。

募集は終了いたしました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

特商法・プライバシー